おもに勉強の進捗状況メモです


by haruka_study
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

5月19日(金)

☆講義:8-2 国税通則法の更正又は決定 他
☆講義:8-3 延納

今日オットが出張中なのでいっぱい勉強できた~♪

オットがいないのは寂しいけれど、
家事をせずに勉強に集中できることもまた事実(笑)。

今回、計算項目として延納についてやったけど、
コレがまた難しいぃ~(><)

不動産等の価額の占める割合、延納期間、延納年割額の計算など
覚えないといけない数字がいっぱい。

端数処理にも要注意。

この項目、個別問題として出題されることが多いらしい。
そして出来る出来ないにより大きく点数が開きかねない箇所でもある。

今回、とりあえず講義を聞いただけでまだトレーニングを解いてないので、
土日でしっかり復習しま~す( ̄^ ̄)/
[PR]
by haruka_study | 2006-05-19 23:41 | H18相続税法(レギュラー)

5月18日(木)

☆講義:8-1 国税通則法の期限後申告 他

いよいよ№8に突入です。

すでに直前期の第1回目発送は終了してるので、
約1ヶ月分の遅れ…(--;)

大丈夫か???ワタシ。

でもそんなこといっても
今更辞めるという選択肢はワタシの中にはないので、前進あるのみです。

心配なのは理論なんだけど、
どうやら30題の激選したものを覚えることになるらしい。

30題…あと1ヶ月ちょっとでこなせるかな…(かなり心配)

1題覚えるのも一苦労で
2題以上あると記憶がおぼつかなくなっちゃうのにさっ(><)

なにはともあれ、
とりあえずはこの№8を終わらせちゃうことにしよう。

その後の計画はそれから。
[PR]
by haruka_study | 2006-05-18 20:58 | H18相続税法(レギュラー)

5月17日(水)

☆理論:43 相続税の期限内申告及び還付申告
☆理論:未分割財産に対する課税
☆講義:7-6 №7 実力テスト

ちょっと間があいてしまいました(--;)

一気に講義を進めてテストまでやるつもりだったのに(汗)
だいぶ忘れちゃってました。

未分割が主な論点だったのだけど、
特別受益額で立木を評価減前で入れるのを忘れ、
立木の評価減を未分割取得分で按分するのを忘れ、
配偶者の税額軽減額で未分割と債務を比較するのも忘れ…

もう一度しっかり覚えなおさなくちゃ。

あとはなんとなく当たったけど、
割引国債の評価、ゴルフ会員権の評価もね。
[PR]
by haruka_study | 2006-05-17 21:48 | H18相続税法(レギュラー)

5月10日(水)

☆講義:7-5 還付を受けるための相続税の申告 他

集中力が低下してるせいか、
なんだか講義を聞いてはいつつもあまり頭にはいってない気がする。

テキストを読んだらなんとなく理解できるけど、
たぶん自分で説明できない、危険な状態だなぁ…(--;)


もう教室講座ではすでに直前期が始まってると思うと
マダ応用期の分が終わってないことにものすごく焦りを感じる。

理論を詰めるにしても計算力を高めるにしてもこの時期が勝負だと思うし。

ココまできたら、とにかくやれるだけやるしかない!!

家族にはお金の面も含めて色々協力してもらっている。
誰もプレッシャーをかけてはこないけど(優しい…)
自分自身ですごく頑張らなきゃって気持ちがこみ上げてくる。

きっとあともう少しすればイヤなプレッシャーになるような気もするけど、
今のところいい原動力になってると思う。

あと2ヶ月、頑張ろう!!
[PR]
by haruka_study | 2006-05-10 20:58 | H18相続税法(レギュラー)

5月9日(火)

☆講義:7-4 国税通則法の期限内申告 他

今回は手続規定。主に理論で出題される範囲。

★提出義務者は財産を取得し基礎控除額を超え課税価格に係る相続税額があるもの。
配偶者に対する税額軽減、小規模宅地等、特定事業用資産の特例はないものとしてみる。

税務署には人が死亡したら役所への届出がまわって把握できるらしい。
なのでしばらくすると「お尋ね」が遺族の元に来るんだって。
もし基礎控除額を出ないのならばこのお尋ねを書いて提出すれば終了。
税額があるときはもちろん申告書提出。
ちなみにお尋ねの提出は義務ではないけど出したほうがいいとのこと。

★提出期限の「10月を経過する日」の出し方に注意。
一度その「知った日の翌日」を考え、その10月後の前日とする。
こうすれば月末などだった場合もちゃんと出せる。

★提出先は被相続人の死亡時における住所地。
[PR]
by haruka_study | 2006-05-09 20:58 | H18相続税法(レギュラー)

5月8日(月)

☆理論:37 特定事業用資産についての相続税の課税価格の計算の特例
☆理論:17 贈与又は遺贈により取得したものとみなされる特別の法人から受ける利益

37はかなり長い理論!!

任意でミニテスト出題ではなかったけど挑戦。
そして何度繰り返しても全部を一気に暗唱できず撃沈(_ _∥)

そういや以前覚えたときも結局出来なかったんだっけ・・・ヤバイ。

なんとなくは覚えるんだけどね…。

いずれしっかり覚えないといけない理論。
また挑戦しなければ。
[PR]
by haruka_study | 2006-05-08 10:34 | H18相続税法(レギュラー)

5月7日(日)

☆講義:7-3 相続税の課税価格 他
☆計算:№6 実力テスト 解きなおし

今回の講義内容は遺産が未分割の場合。

論点が細かくてなかなか難しい。
普段の問題でそんなに出てこないだろうから覚えてられるか心配!

って、最近こればっかり…^^;
まぁ講義も終盤に差し掛かってるから
あまり出てない論点が増えるのも仕方ないんだけどね。

未分割では評価した金額以外のものをもってくるところもあるので
解答用紙にメモ書きをしたほうがいいみたい。

でも鉛筆書きにしてあとで消したほうが
キレイな答案用紙になるからいいらしい。

ということは、鉛筆と消しゴムも要るのね・・・。

そういや、蛍光ペンで重要なとこチェック入れる人もいるなぁ。

そろそろ解答スタイルも考えなくちゃ。
[PR]
by haruka_study | 2006-05-07 23:27 | H18相続税法(レギュラー)

5月6日(土)

☆講義:7-1 特別の法人から受ける利益(続き)
☆講義:7-2 相続分

今日は頑張った!!と自分では思う(笑)

指定相続分、特別受益者の相続分は
やってみればなんとなくできそうだけど
コレも覚えてられるかがモンダイだな…(--;)

あと、トレーニングに毎回総合問題が入ってるのでやってると、
自分の不得意なとこが見えてくる。

マズは相次相続、コレは全然覚えられてない。要復習。

あとは社債とか株式の評価かな…
色々なパターンがあってうまく整理できてない。
そういや今日やった問題に久々に複利計算が出てきて(><)

解けなかったところ、覚えてなかったところは
その問題だけでなくさかのぼって復習すること!
[PR]
by haruka_study | 2006-05-06 23:37 | H18相続税法(レギュラー)

5月4日(木)

☆理論:10 贈与又は遺贈により取得したものとみなされる信託の利益を受ける権利
☆理論:35 相続税法に規定する財産の評価

理論10に関しては、以前覚えたことがあるハズなのに…(T T)
ちゃんと覚えられてないのはナゼ???(汗)

今のところ、何度も声に出して言いながら覚えてるんだけど、
やっぱコレだと忘れるのも速い気がする。

最終的に覚えないといけない理論の数は30くらいになるんだっけ???

回すことから考えても、そろそろ回転を始めなければ!
[PR]
by haruka_study | 2006-05-04 23:01 | H18相続税法(レギュラー)

5月3日(水)

☆講義:6-8 実力テスト

問題としてはわりとカンタンなほうです、ということだったけど
ワタシには結構難しかった…。

イヤ、でも公式が思い出せなかったり、というのばかりだったから
ちゃんと覚えていれば基本的に解ける問題ということか。

こういう解きやすい問題ではちょっとしたミスが合否の分かれ目になる。
気をつけなければ!!

今回全く忘れてしまっていたのは相当の地代の処理。
借地権、貸宅地、相当の地代の支払のありなし、権利金の支払のありなしにわけて
きちんと覚えなおすこと。

そして途中で気付いて焦りまくった保険受取人の名義変更失念。
その受取人の相続人が均等に取得。間違えちゃって解答用紙ぐちゃぐちゃ。

☆講義:7-1 特別の法人から受ける利益 他(途中まで)

続いて、№7に突入。

細かい論点に入ってきたので、試験には未出題の項目もあり。

お、覚えてられるかな・・・・・・(--;)
[PR]
by haruka_study | 2006-05-03 16:16 | H18相続税法(レギュラー)