おもに勉強の進捗状況メモです


by haruka_study
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今回は生命保険金等、退職手当金等のみなし相続、遺贈について補充。

★契約者貸付金等がある場合について、
  被相続人=契約者なら受取人に(保険金額-貸付金等の額)×負担割合
  被相続人以外が契約者なら受取人は上に同じ、
  契約者に貸付金等の額×負担割合を課税。

★雇い主の負担した保険料は、原則生命保険金として課税。
  「退職手当金支給目的」である旨がある場合のみ退職手当金等として課税。

★無保険車傷害保険契約に係る保険金は課税対象外。コメント要。

★退職手当金等に該当する保険金は退職手当金等として全額課税。負担割合考慮なし。

なんだかいろんな項目において少しずつ補充がされていき、
だんだんややこしくなってきました(><)

ココも正確に覚えて確実に得点したいところ。

読み飛ばし、考慮し忘れのないように!!
[PR]
by haruka_study | 2006-03-09 23:27 | H18相続税法(レギュラー)
初の2回転目です(^-^)v

といっても、一応講義で指定されてるノルマですが(--;)
任意というかたちではあるけど。

やはり少し覚えやすくなってた!

ただ今回は書かずに覚えたので、ヤッパリ定着度は弱くなるかもなぁ~。

相続税についてと贈与税については
基本の文章は同じでところどころ変わるだけ。

どこが変わるのか、しっかり押さえること。

★「相続又は遺贈」→「贈与」

★贈与には「年中において」という言葉が入る
[PR]
by haruka_study | 2006-03-08 22:27 | H18相続税法(レギュラー)
e0049940_22204566.jpg


結構短め。

★外国税額のことは「相続税に相当する税」と書く。



すっと覚えられたけど、スグ忘れちゃいそう(汗)

1度記憶したものをずっと覚えておくなんて無理なこと、
何度も繰り返さないとね。

…といいつつ、講義でのノルマ以外は果たせてないダメなワタシ…^^;
[PR]
by haruka_study | 2006-03-08 22:23 | H18相続税法(レギュラー)

5-2 相続人 他

前回に引き続き、相続人について。

テーマは養子。

★普通養子なら実親との関係は継続、特別養子なら実親との関係は断絶

★養子縁組前に出生した養子の子は代襲相続人とはならない
  (養子縁組後に出生した養子の子はOK)

★法定相続人の数に算入する養子は、
  被相続人に実子があれば1人、なければ2人
  (被相続人の養子以外の養子には適用なし)

★被相続人の実子とみなされるのは、
  被相続人の特別養子、配偶者の連れ子で被相続人の養子、
  被相続人の実子又は養子の代襲相続権を有する者

★養子でもすでに死亡していれば実子として考える

★二重身分を有する者(代襲相続人である孫養子)については、
  実子1人として計算し、算入制限は適用しない
  代襲相続人としての相続分と養子としての相続分の双方を有する

とにかくややこしいっ( ̄△ ̄;)

親族図を書いてもぐちゃぐちゃになっちゃうし(汗)

しっかり判定しないと、これまたミスは致命的(><)
何度も練習問題を解いて覚えなれければならない箇所だな~。
[PR]
by haruka_study | 2006-03-07 23:01 | H18相続税法(レギュラー)

5-1 相続人、相続分

さぁて、応用期に突入です(^▽^)

いやほんと、遅れてるわ…(--;)
本来ならば1月にやるべきところだもんね(T T)

もう3月なんですけど・・・。

まぁそんなことを言ってても仕方ないので、
せめて直前期には追いつけるようにペースあげまくって頑張るぞぅ♪



今回は相続人と相続分について。

非嫡出子やら半血兄弟姉妹やら・・・相関図がとっても複雑になった!!(@_@)

★非嫡出子は母子なら相続人、父子なら認知がある場合のみ相続人となる

★非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1

★胎児は相続税の申告書を提出するまでに出生した場合は相続人として取り扱う

★胎児の未成年者控除は120万円、計算式は書かない(年齢計算をしない)

★配偶者の連れ子は相続人とはならない

★離婚した場合の子は父母双方の相続人となる

★半血兄弟姉妹の相続分は全血兄弟姉妹の2分の1

・・・とまあ、ひとつひとつは覚えられるんだけど
コレが問題の中で入り混じってくるとアタマがこんがらがるっ(T▽T)

しかし相続人と相続分の判定ミスはとってもとっても致命的。

しっかり判定できるようにならなければっ!
[PR]
by haruka_study | 2006-03-07 19:33 | H18相続税法(レギュラー)

4-6 実力テスト

今回の実力テストは、
内容としてはそんなに難しいものはなかったのだけれど、

なにせ問題の形式が
最初に資産をだ~~~っと挙げてあって
その後に誰が取得したのかとか補足事項とかが載ってるかたちで、

そんな形式は初めてだったので戸惑った!!

特定事業用資産の特例しようにも、
要件が足りないなあ…(?_?)とか思いながらやっちゃってたし( ̄▽ ̄;)ヒッ
↑問題の後ろのほうにちゃんと載ってたんだけど

あまりにも端数が出ておかしいなぁと思ってたら
後ろの補足事項で寄付とかしちゃってたりしたし( ̄□ ̄;)ウエッ

解き方としては、
まず後ろのほうの取得者や補足事項などの資料を読んで、
財産の資料のところに書き写してから最初から解き始めるのがベスト。

あと間違えたというか、覚えられてなかったのが
またしてもゴルフ会員権(><)

参考資料に複利現価率の資料があるのに…
せめて利用すること考えようよ、ワタシ(_ _∥)

講義中にも参考資料に出てるものは全部使うはず、と言われてたのにっ。バカッ。

★取引相場のあるゴルフ会員権は×100分の70、
  ほかに預託金があるときにはそれをプラス。



そんなこんなで、どうにか基礎期終了です(≧▽≦)
↑喜んでる場合ではナイですが

個別問題集と財産評価問題集で出来るところのリストをもらってます。

余力のある人は、ということで
あまり強制ということではなさそうだったけど、

復習になるし、通信ではせっかく問題集も送られてきてるので
少しずつ解いておこうかなと思います。
[PR]
by haruka_study | 2006-03-04 23:38 | H18相続税法(レギュラー)

32 贈与税の配偶者控除

全体的には短いんだけど、内容についての文はちょっと長め。

こういうカッコ書きの多い文章って覚えにくいなぁ(><)

マズはカッコ書きを飛ばして覚えて、
その後カッコ書きのなかを覚えてつなげるようにしてるんだけど、
どこでカッコつけるんだっけ(?_?)ってよくなってます(汗)

贈与税の配偶者控除といえば、
居住用不動産の贈与にかかる2000万円の控除。

コレも住宅取得等資金の贈与とかとごっちゃになってきてます…(--;)
[PR]
by haruka_study | 2006-03-04 23:30 | H18相続税法(レギュラー)

20 債務控除

★葬式費用は「被相続人の債務ではない」ことを明記すること。

★無制限納税義務者等の場合と、制限納税義務者等の場合、
文章は似ているけれど異なってる箇所に注意。

被相続人の債務で」の位置。

★「価額」は財産にかかり、「金額」は債務にかかっている。
  ふたつの違いに注意。
[PR]
by haruka_study | 2006-03-04 23:25 | H18相続税法(レギュラー)

№4 復習

とりあえずトレーニングとミニテストの解きなおしをしました。

あんまり間はあいてないハズなのに、
前半部分すでに忘れてるとこあり(><)

まぁ人ってのは忘れるものだから(?)
やっぱり何度も繰り返していくしかないですね(--;)

さぁ、明日は理論暗記だ~~~!!

気合入れないとついつい後回しにしがち・・・(汗)
頑張らなきゃ~☆
[PR]
by haruka_study | 2006-03-02 00:46 | H18相続税法(レギュラー)