おもに勉強の進捗状況メモです


by haruka_study
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

№1 復習 続き

ちょっと実家に戻っていたので、勉強がストップしていました(--;)

今日からまた頑張りたいと思います。



…てか、すでに実力テストの締切は過ぎてしまい(汗)



このままズルズル辞めることだけはしたくないので、
またモチベーションを高め、
頑張っていきたいと思っています( ̄ー ̄)ノ☆



さて、とりあえずは9月期の復習の続きからはじめました。

やはり計算パターンは
問題を何度も解くことによって覚えるのが一番だな~。

ダイブ覚えてきたぞぅ( ̄▽ ̄)
[PR]
by haruka_study | 2005-10-30 23:31 | H18相続税法(レギュラー)

№1 復習

トレーニング №1 解きなおし

実力テストをする前に、一通り復習をすることにした。

解けば解くほどパターンを覚えることができるけど、
なかなか大変だ( ̄ー ̄;)

今日は相続分~非課税財産まで。

明日続きをやります。
[PR]
by haruka_study | 2005-10-18 23:55 | H18相続税法(レギュラー)
今回は盛りだくさんな内容でした。

贈与税関連部分です。

暦年課税は前3年分、生産課税は全ての贈与分を
計算に加えなければなりません。

★暦年課税は、その年分の贈与をすべて足して、贈与税額を出してから按分

★精算課税は、贈与年1月1日において65歳以上の者から
  贈与者の直径卑属推定相続人20歳以上である者への贈与であること

★精算課税の特別控除は25000千円



だんだん、最初にチェックしなければならない事項が増えてきた。

いろいろなところで適用対象者であるかどうかの判定が必要になる。

ちゃんとアタマのなかで整理しておかなければ( ̄ー ̄;)



次回は実力テスト。

一通り復習してから臨む予定。
[PR]
by haruka_study | 2005-10-17 23:42 | H18相続税法(レギュラー)
今回は、
配偶者の税額軽減額、未成年者控除額、障害者控除額について。

★配偶者の税額軽減については、
  計算パターンをしっかり覚えること

★未成年者控除の対象者は
  無制限納税義務者、法定相続人であること

★障害者控除の対象者は
  居住無制限納税義務者、法定相続人であること

似ているようで少しずつ違う…(--;)

年齢計算、はやく慣れなければ。
こんなとこで1歳ミスったらもったいないしね!←もうミスった(><)
[PR]
by haruka_study | 2005-10-16 16:53 | H18相続税法(レギュラー)

1-5 債務控除 他

今回は、債務控除算出相続税額の計算について。

算出相続税額については
まだ基本的な部分だと思うんだけど、

答案用紙の書き方にちょっと戸惑い気味(汗)

どの欄にどう計算したものが入るのか、ちゃんと覚えなければ。

あと、ココでは電卓の使い方が結構ポイントになりそう。

ちょっとした機能を使えば、
計算スピードがだいぶあがるみたいなので
使いこなせるようにしたいと思う。

それにしても、
もう数年も電卓使ってるというのに
初めて知った機能ばっかりだ~( ̄▽ ̄;)

いろいろ使うと便利なのね、電卓って。

★相続税の総額の計算には、法定相続人を基礎に計算すること

★法定相続分に応ずる取得金額→千円未満切捨
 相続税の総額の基となる税額→百円未満切捨

★相続税額の加算について、孫は代襲相続人以外が対象



さて、講義の進み具合は
通信の配送スピードから考えるとちょうどいいくらいなんだけど、

来週末から1週間ほど家を離れるので
それまでに実力テスト提出まで終わらせたいところ。

そう考えるとちょっとキツイかな…(--;)

この週末、どれだけできるかはわからないけれど頑張るぞぅ( ̄ー ̄)ノ☆
[PR]
by haruka_study | 2005-10-12 23:43 | H18相続税法(レギュラー)

1-4 生命保険金等 他

今回の郵送では4回分の講義が入ってました。

教材が届いたら、なるべく早く済ませる

をモットーにやってこうと思ってはいますが、
いざ予定を立ててみると、コレがなかなか難しいのね(--;)

実力テストには提出期限もあるし。

でもこんな出だしから遅れるワケにはいかない!

頑張るぞよ~( ̄▽ ̄)ノ

さて、本日の講義は
生命保険金等、退職手当金等、非課税財産について。

★生命保険金等、退職引当金等の非課税漢学について
   適用対象者は相続人(民法上)
   非課税限度額の計算は 5000千円×法定相続人(相続税法上)

もう、トレーニングとかやったけど、忘れる忘れる!要注意項目です。

さて、そろそろ理論も始めなければ…

やはり年齢と共に記憶力が低下しているのか、
なかなか覚えられないのが悩みの種です。

法人やってたときも、
覚えれば確実に取れるとこなのに理論ぼろぼろやったし(><)

お気に入りのスタバにでも行こう♪
[PR]
by haruka_study | 2005-10-11 23:51 | H18相続税法(レギュラー)
なんだかややこしくなってきました…(--;)
まだまだ序の口のハズなんだけど。

★相続税の納税義務者は
  居住無制限・非居住無制限・制限の判定をすること。

★制限納税義務者は国内の財産にのみ課税。

★財産の所在を覚えること。

★分割協議に参加するのは民法上の相続人のみ。

問題を解くときには、
まず相続人・法定相続人の判定相続分の計算
納税者区分の判定を先に済ませる。

計算用紙を使って解答の練習をすること。

ワタシは、何度も練習できるようにと
練習問題のシートを使わずに解いてるんだけど…

確かに、計算用紙を使い慣れるようにしたほうが良さそう。

…コピーするか???
[PR]
by haruka_study | 2005-10-05 23:28 | H18相続税法(レギュラー)
コレは、税理士受験生にとって
モチベーションを維持するうえでも重要な問いでしょう。

なぜ今、税理士試験の勉強をしているのか?

その答えが「税理士になりたいから」だったとして、
なぜ、税理士になりたいのか?

税理士になれたとして、
その後どうしていきたいのか?

ワタシのなかでも、未だ全ての答えは出ていません。

ワタシは以前、会計事務所で働いていました。

そのとき実務をこなすなかで、

ルーティンワークとして
月次資料の処理や決算の作業をこなすだけなら
実務経験を重ねるだけでもいい。

でも、そのなかでお客様にアドバイスしたり
お客様にとって有利な方法を導き出していくには
やはり勉強で知識を増やすことも同じくらい重要だ!と感じて、
税理士試験の勉強を始めました。

もともと女性である以上、パートナーの性格から考えても
これからの家庭環境によって
自分の働く形態を変えていかなければならないことも察していたので、

資格を持っていたほうが
転職に有利だろうと思ったのもあります。

それに何より、
将来の自分のために何か身につけていきたかった。

どこに行っても、
自分のチカラを示せる「市場価値」のようなものが欲しかった。

そのためには、今から努力しておかなければならないと思った。

勉強って、長い間継続してしていくものだし、
必要となったときに慌てて出来るものでもないと思っていたから。

税理士試験の勉強は、両立は大変だけど、
実務にも役立つことなので勉強にも興味が湧きます。

でも、この年齢でうまくいってあと数年後に税理士になれたとして、
そこからどうしたいのか?というと、正直、自分でもよくわかりません。

年齢から考えても就職には厳しいし、
子供がいたら子育てにも時間を取りたいだろうし、
どこか会社に属するなら自分の腕を磨くためにも
しばらくはバリバリ働いたほうがいいだろうし、
または独立といっても今は税理士業界の競争も厳しいし、

ここまで頑張って得た資格を、
その後どうやって活かしていくのか?という計画は、未だ不透明。

とにかく資格を取ってから!というのも一案ですが、
たまに考えると迷宮入りになってます。

…てか、どんどん暗い方向にいってるような(汗)

税理士試験の勉強をされている方は、
この問いにそれぞれの答えをちゃんと持っているのかな~。
[PR]
by haruka_study | 2005-10-04 20:51 | ひとりごと